沿革

昭和2年

東京神田美土代町に大森工業株式会社の前身大森鉄工所を設立。製缶加工を開始。


昭和21年

東京深川住吉町に移転、鉄骨・製缶加工を開始。


昭和28年1月

組織を大森工業株式会社とし、石川島播磨重工業(株)、日本鋼管(株)向け造船部分の製作を開始。


昭和40年7月

三井造船(株)と取引開始。同社協力工場となる。


昭和42年5月

千葉市千種町千葉鉄工業団地に工場設立。本社を同所に移す。


昭和43年4月

本社工場内に溶融亜鉛めっき工場を設立。
製缶、鉄骨、機械の他にめっき加工事業を加える。


昭和46年12月

資本金を1千万円に増資し、事業の充実を計り、冷凍機、集塵装置の業界にも進出する。


昭和50年3月

資本金を2千万円に増資。


昭和52年3月

資本金を3千万円に増資。


昭和54年3月

資本金を3千6百万円に増資。


昭和56年10月

群馬県赤堀町に溶融亜鉛めっき工場《株式会社ジャパンガルバ−》を設立する。


昭和60年9月

千葉県野田市に《大森工業株式会社野田工場》を設立。同時に日本工業規格表示許可認可認定。


昭和63年5月

株式会社明豊エンジニアリングを設立。溶融アルミニウムめっき事業を開始。


平成元年2月

三重県員弁郡東員町に《三重重工業株式会社》を設立。グレーチングの製作及び販売事業を開始。


平成元年12月

栃木県足利市に《昭和ケミカル株式会社》を設立し、装飾クロームめっき事業を開始。


平成3年10月

三重重工業株式会社の資本金9千5百万円に増資。


平成4年9月

東京都江東区亀戸に大森工業株式会社商事部を開設し、めっき薬品販売事業に進出する。


平成6年3月

埼玉県深谷市の《東南工業株株式会社》を大森工業グループとなる。プレス板金加工、静電粉体塗装事業を開始。
さらに、フィリピンのセブ島にあるプレス板金加工、静電粉体塗装工場も同時に取得し、Philippine Tonan Corporation(PTC)として事業開始。


平成7年10月

千葉市花見川区千種町に従来からある製氷缶、製氷皿、製氷事業関係の株式会社ユタカ工業が大森工業グループ企業となる。事業拡大を図る。


平成9年12月

鹿児島県肝属郡東串良にある《株式会社九州金属》を大森工業グループ企業となる。九州地区への溶融亜鉛めっき工場の拠点として稼動開始。


平成9年12月

大阪市港区福崎にある、溶融亜鉛めっき工場《大阪亜鉛鍍金株式会社》を大森工業グループ企業となる。


平成9年12月

山形県米沢市に溶融亜鉛めっき工場を新設し、《株式会社ジャパンガルバー米沢工場》として稼動開始。


平成13年7月

東南工業株式会社内に大型合成樹脂めっき設備を新設し稼動開始。


平成13年11月

埼玉県八潮市にある溶融亜鉛めっき工場が大森工業グループ企業《大森工業有限会社埼玉》(資本金4千750万円)として事業を開始。


平成13年12月

千葉市花見川区千種町に大森工業株式会社鉄構事業部として工場を購入し橋梁製作、道路事業へ進出。


平成14年2月

北海道石狩市に溶融亜鉛めっき工場が大森工業グループ企業《株式会社大森工業サッポロ》として事業開始。


平成14年7月

千葉県知事許可(般‐14)第40300号建設業(土木工事業・建築工事業・鋼構造物工事業・塗装工事業)を取得。


平成15年9月

千葉県花見川区千種町にある、株式会社ユタカ工業と合併、製函事業部として事業の拡大を図る。


平成15年9月

埼玉県熊谷にある溶融亜鉛めっき工場が大森工業グループ企業《株式会社カントーガルバー》として事業開始。


平成15年10月

東南工業株式会社深谷工場に大型電気めっきラインを新設。


平成16年5月

千葉県知事許可(特‐16)第40300号特定建設業(土木工事業、・鋼構造物工事業、とび・土工工事業、塗装工事業)を取得。


平成16年11月

神奈川県平塚市にある溶融亜鉛めっき工場が大森工業グループ企業《株式会社湘南ガルバー》として事業を開始。


平成 17年7月

大森工業株式会社本社に新事業開発部を発足。事業開始。


平成17年9月

Philippine Tonan Corporation(PTC)に溶融亜鉛めっき工場を新設。


平成18年6月

鉄構事業部にショットブラスト工場を新設。


平成18年7月

株式会社カントーガルバーが成形樹脂加工工場を吸収統合。


平成20年10月

株式会社カントーガルバーがユメックス株式会社(モバイル電子機器・エンジニアプラスチック加工)を継承。事業拡大を図る。新たに株式会社ユメックスとして、本社(埼玉県深谷市)・他国内2工場・海外3工場の事業を開始。


平成21年3月

株式会社湘南ガルバーが湘南プレート(神奈川県藤沢市)を吸収統合し、《株式会社湘南ガルバー金属加工部》として事業を開始。


平成24年1月

株式会社ジャパンガルバーが本社工場を新設。


平成24年2月

大森工業株式会社本社工場が日本工業規格認証を取得。


平成24年2月

Philippine Tonan Corporation(PTC)がフィリピンのマニラに板金工場を新設。


平成24年4月

株式会社ジャパンガルバーが群馬県玉村町に鉄構事業部として事業を開始。


平成24年6月

大森工業株式会社野田工場が事務所を新築。


平成25年12月

代表取締役に根上靖晃が就任。